意外に 知られていない 爪はいくつでも育ち 変わること

この夏から 秋にかけて ご縁をいただき

商工会議所の催し 「おしえ店長さん」と

岐阜市市民自主講座 に参加することになりました

爪はケアすれば、育ち、美しくなることを知っていただきたいと思い

どちらでも セルフ自爪ケアレッスン をすることにしました

 

まず、皆さんに 健康で美しい爪の特徴を知っていただきます

1 つめのピンクの部分が長く、立体的なかまぼこ型をしている

2 爪がきれいなピンク色をしている

3 本来の厚みがある

4 爪にツヤがある

5 縦筋や横溝がない

6 二枚爪になっていない

7 ささくれがない

8 薄皮があれていない

 

そして そんな健康で美しい爪を育てる5つの方法プラス1

1 育爪カットをする→爪を整える→紙やすりを使う

2 爪にオイルを塗る→爪を保湿して保護する→育爪オイルを塗る

3 爪を道具にしない→爪の剥がれを防止する

4 自分に合った食事と睡眠をとる→爪に栄養を与える

5 爪をもむ→爪でストレス解消

6 手袋をする

 

先日 まず 「おしえ店長さん」が終わりました

ご来店くださった 皆様 一様に

爪は 年齢と共に 劣化してしまい 諦めるか

ネイルで補強しなければ もう 強くはならないと 思い込んでいらっしゃいました

 

ネイルをするということは プラスチックで 爪に蓋をするということです

 

爪は「硬ケラチン」という線維状のたんぱく質でできています

爪は 死んだ細胞で呼吸もしていない と思われがちですけど

死んだ細胞であっても、爪の下の皮膚は生きているのです

私たちの身体は「不感蒸発」と言って汗をかかなくても、日常的に全身の皮膚から水分が蒸発しています

爪の表面からは、ほかの皮膚の2~3倍もの水分が蒸発しているのです

ジェルネイルやネイルカラー、コート剤などを爪に塗ると、主成分の合成樹脂とよばれ

るプラスチックが固まって、硬い被膜ができます

この被膜によって、水分の蒸発が妨げられてしまいます

そして、これが爪に悪影響を与えるようなのです

 

また、皆様 爪切りが常識でした

 

爪切りで爪を切るということは 爪を痛めているのと一緒なんです。

そもそも、爪は1枚に見えますが

実は上層、中層、下層と3層構造になっています

そして爪は湾曲しています

3層の湾曲した爪を 硬い金属の真っ直ぐな爪切りでパチンと切ることで

その衝撃で層がはがれて、二枚爪の原因になります

爪より柔らかい 紙のやすりで 当たりを柔らかく 長さを切り、形を整えることで

爪は美爪に変わっていきます

 

最後に 爪に オイルで保湿します

爪の トラブルの原因のほとんどが 乾燥や摩擦です

そのため 美爪づくりには保湿のためのオイルケアが欠かせません

皆さん

オイルを塗っただけなのに

美しく輝く爪をご覧になって とてもうれしそうでした

 

爪は とても シンプルなことで 変わっていきます

スタートはどこにいても いつからでも できるのです

 

岐阜駅前にて、爪ケア専門のサロンです。

爪に関する情報 UPしています。

https://www.instagram.com/tsumesodate.kiki/

お問合せ、ご予約はこちらから。

http://https//lin.ee/VHcEEgM

 

 

 

関連記事

  1. 寒くなった途端、爪、欠けやすくなりませんか?

  2. 「育爪オイル」の名前が 変わりました

  3. 歳を重ねた私がやっている自爪ケア。 

  4. 「育爪」の嶋田さんが ご来店くださいました

  5. あなたの夢はなんですか?

  6. 足爪は 健康のバロメーター