59歳で サロンオーナーに なりました

56歳で生まれて初めて やりたい事ができました

爪先を輝かしてくれたネイルサロンをしようと思いました

私世代の女性が入りやすいネイルサロンを目指して本をたくさん買いました

 

ネイルサロンでしていただいたキラキラのネイルは

爪が伸びるに従い爪先に伸びてバランスが悪くなり

キラキラが半減していきます

ひと月に一度 ネイルサロンに行き 新しいネイルのデザインをワクワク探します

その時 ふと オフした爪を見て 愕然としました

全然 きれいじゃない

ネイル始めた前より もっと弱っている

薄くなってる ガサガサしている

強く硬くなったと思ったのは 乗っていたネイルだけでした

きらびやかなショーウインドウの裏側を見たようでした

 

爪を もっと弱らせるようなこと自分の大切な人にしたいだろうか

そう、迷いだした時

たまたま、買ってあった本の中の 一冊 「育爪のススメ」に目がとまりました

紙のヤスリと、オイルだけで、変わっていくと書いてありました

ちょうどいい、このガサガサした弱った爪に試してみよう

すぐに、育爪サロン ラメリックのサイトを調べ、育爪オイルを取り寄せました

 

どうやって変わっていくのかしら

半信半疑で始めた育爪生活

少しづつではありますが、変わっていっているようでした

少なくともネイルをオフしたてのあのボロボロの爪ではなくなっていました

爪のもとから きれいなすべらかな爪がのぞいてきました

そんな毎日 今までしなかった、指先に気を遣っているうちに 不思議に気持ちが穏やかになって

丁寧になっているのでした

 

こんな気持ちになってもらえる サロン にしたい

こんな気持ちになることを多くの人に知ってほしい

私のしたいサロンは 育爪

爪を育てる サロンだ

 

決まりました

 

それから、スクールがあることを調べ、申し込み、東京に通うこと2年

ただひたすら、育爪のサロン を開くことだけ考え

不思議なことに まったく迷いもなく

空いた実家の一室を 暑い夏の間 汗を流しながら片付け

55年間 考えたこともなかった サロン を したい一心で

サロン開業に向けて 走り周り

2019年 とうとう サロンを始めました

 

59歳の春 のことです

 

いくつから でも 遅くない

いくつからでも いつからでも なりたい自分に なれる

爪も 人生も

そう 知りました

 

関連記事

  1. 50代後半で やりたいことが 初めて見つかりました

  2. サロンを 始める前の私と 始めた後の私 今の私