いつからでも、いくつからでも、爪は変えられます。

この写真は還暦+1歳になった5月1日に撮りました。

諦めていた爪の状態

57歳の時に「育爪のススメ」に出会うまでは、長年水仕事が多い家事や、爪を道具に
して使ってしまう癖で、年々爪が薄くなり、すぐに欠けてしまったり、ぐにゃりと曲が
ってしまったりしました。

縦筋が多くなっても、気になるけど、それは歳だからと諦めていました。

一度劣化した爪は、もう戻ることはないと思い込んでいました。

時々、ネイルをして、綺麗になり、固くなって丈夫に戻ったような気がしていました。

それが、57歳の時に「育爪」に出会い、爪は半年で生まれ変わり、条件さえ整えば、年齢に関係なく、綺麗に丈夫になることを知りました。

健康で美しい爪の特徴

育爪で知った健康で美しい爪とは

1.爪のピンク色の部分が長く、立体的なカマボコ形をしている

2.爪がきれいなピンク色をしている

3.本来の厚みがある

4.爪のツヤがある

5.縦筋や横ミゾがない

6.二枚爪になっていない

7.ささくれがない

8.薄皮が荒れていない

でした。

それはほとんど、当てはまっていて、確かに健康で美しい爪ではありませんでした。

けれど、その特徴には、年齢が原因とは書いてありませんでした。

と言うことは、その条件をクリアできたら、私でも健康で美しい爪になることができるということです。

1.爪のピンク色の部分が長く、立体的なカマボコ形をしている

爪で何かの作業をしたり、爪切りで爪を切ると、痛みもなく、気がつかないうちに爪先が指の左右の側面から剥がれてしまい、ピンクの部分が短くなっていきます。

爪切りを使わずに、爪先の形を丸くせず、四角に近い形にしておくと、ピンクの部分が長く、爪と指が密着していきます。

2.爪がきれいなピンク色をしている

爪がきれいなピンク色をしているのは、血行が良い、すなわち健康な証拠です。

3.本来の厚みがある

健康で美しい爪には本来の厚みがあることも重要です。爪の表面を磨けば磨くほど、爪が薄くなって透明度が増すため、爪床のピンク色が濃く見えて、綺麗に見えますが、薄くなって決して健康的ではありませんね。

4.爪のツヤがある

5.縦筋や横ミゾがない

6.二枚爪になっていない

育爪では、爪のツヤを出すために、オイルを塗って爪を輝かせます。爪にオイルを塗るだけで、その瞬間から、縦筋は目立たなくなり、オイルを塗っている限りは、その効果が続きます。継続すると、新しく生えてくる爪の縦筋は減ってきます。二枚爪の原因で多いのは、爪切りで爪を切る、乾燥、貧血です。オイルでの保湿で、乾燥の原因は緩和されます。

7.ささくれがない

8.薄皮が荒れていない

どちらの原因も、乾燥や摩擦によっておこります。予防には爪を保湿することが大切です。爪の側面と指の間の溝へオイルを流し込み、爪をしなやかに保てます。

原因を知って、対策をしたら、いくつからでも変わります

57歳の時に、育爪を知って、それ以来、爪切りをやめ、紙やすりと育爪オイルで爪のケアをしてきました。

オイルを一日5回、毎日するようになった途端、爪はみるみる変わってきました。たったのそれだけで、諦めていたことが、見違えるようになりました。

いくつからでも、いつからでも始められます。

始めたその時が、変わる時です。

 

岐阜駅前にて、爪ケア専門のサロンです。

爪に関する情報 UPしています。

https://www.instagram.com/tsumesodate.kiki/

お問合せ、ご予約はこちらから。

http://https//lin.ee/VHcEEgM

 

関連記事

  1. つい噛んでしまって ずっと深爪だった爪 4か月たちました

  2. 1回が30秒、それとも3分にしますか?

  3. 深爪 でお悩みの お客様 いらっしゃいました

  4. セルフ 自爪ケア レッスン 始めます

  5. 保湿

    爪に大切なのは、保湿です

  6. 育爪サロン ラメリックにて 育爪技術向上研修会 してきました…